A future of smiles. TIS

産学官連携

東郷町、順天堂大学スポーツ科学部、
東郷町施設サービス株式会社の産学官連携

1.順天堂大学 概要
 

 順天堂大学は、医学部、スポーツ健康科学部、医療看護学部、保健看護学部、国際教養学部などからなる国内唯一の「総合健康大学」。
 開学1838(天保9)年。体育学部(現在のスポーツ健康科学部)は、1951(昭和26)年に開設。初代学部長に東俊郎(※)。大学院スポーツ健康科学研究科は、日本初の私立大学での体育・スポーツ科学系の大学院として1971(昭和46)年設置。

※ 東俊郎
第10回ロス五輪、第11回ベルリン五輪、漕艇選手兼総監督。
文部省体育局長、日本体育協会理事、日本体力医学会理事長、日本体育協会国民体育大会委員会委員長、日本体育指導者連盟会長、日本漕艇協会理事長、国際身体障害者スポーツ協会理事などを歴任。

2.産学官連携の背景と調印式
 

 順天堂大学は、総合健康大学として、子どもから高齢者、障がい者、スポーツ選手等様々なライフステージに応じた健康づくりを推進。また、公益財団法人日本整形外科学会が提唱する「ロコモティブシンドローム」予防へも、順天堂大学の医学部、スポーツ健康科学部等が中心的に関わり、推進している。
 これらの順天堂大学の持つノウハウが、東郷町のめざす「健康で元気なまち」と一致。TISを活用した東郷町の健康づくり事業に順天堂大学も信頼を寄せ、共感し、3者による連携の運びとなった。

 
平成26年4月 産学官連携協定調印
場所:順天堂大学さくらキャンパス
 


 
平成29年4月 産学官連携協定(更新)調印
場所:東郷町
 


 

3.主な産学官連携事業
 
1) 幼児期の運動促進事業
  • 文部科学省「幼児期運動指針(平成24年4月)」の有効活用
  • 平成24年11月、東郷町幼児期運動指針実践調査研究委員会を設置
  • 平成24年11月、東郷町立全ての保育園において、運動あそびタイム、運動能力等調査、親子体操、保育士研修を実施
  • 平成26年度、27年度、文科省、スポーツ庁発行の冊子とDVDへモデルとして掲載
  • 平成27年10月、毎日新聞全国版へ掲載
  • 平成28年6月、鈴木大地スポーツ庁長官が保育園での運動あそびを視察
2) とうごう体操作成
  • 平成26年3月、とうごう体操作成 企画:東郷町、プロデュース:TIS、監修:順天堂大学内藤先生、推薦:順天堂大学加納先生
  • 平成27年8月、ジュビロ体操作成 企画:株式会社ジュビロ、プロデュース:TIS、監修:順天堂大学内藤先生、推薦:順天堂大学加納先生
  • 平成28年3月、ドアラ体操作成 企画:株式会社中日ドラゴンズ、プロデュース:TIS、監修:順天堂大学内藤先生、推薦:順天堂大学加納先生
3) JAXA(宇宙航空研究開発機構)提供「ミッションX」参加
  • 平成27年1月、ミッションX2015参加
  • 平成28年1月、ミッションX2016参加
  • 平成29年1月、ミッションX2017参加
4) 産学官連携講習会、研修会、会議
  • 平成26年11月、島内学部長(当時)によるヘルスプロモーションに関する講演
  • 平成27年3月、健康で元気なまちづくり推進検討会開催 島内学部長(当時)、加納副学部長(当時)来町
  • 平成27年7月、高嶺小学校教諭なわ研修 講師:加納先生
  • 平成27年9月、SADAなわとびパフォーマンス(高嶺小学校)
  • 平成28年8月、東郷町小中学校教諭なわ研修 講師:加納先生
  • 平成28年10月、SADAなわとびパフォーマンス(高嶺小学校)
5) 東郷町介護予防事業へ順天堂大学ロコモ予防のノウハウを導入(平成28年7月~)
  • 順天堂大学オリジナル・体力測定の実施
  • 厚生労働省スマート・ライフ・プロジェクト「第5回健康寿命をのばそう!アワード(介護予防・高齢者支援分野)」において、厚生労働大臣賞(企業部門優秀賞)を受賞
6) COIプログラム実践

順天堂大学は、ロコモ予防。立命館大学は、空間シェアリング(音の技術)。

  • 平成27年11月、文化産業まつりにて、順天堂大学&立命館大学のCOI実践
  • 平成28年4月、トレジム7周年イベントにて、順天堂大学&立命館大学のCOI実践
  • 平成28年12月、トレジムクリスマスイベントにて、順天堂大学&立命館大学のCOI実践
  • 平成29年5月、iPhoneを活用した見守り事業モニター募集、実証開始予定
PAGETOP
Copyright © 東郷町施設サービス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.